いのりのしんじゅ
 

きれいだから良いじゃなくて その人の色・形で出てきてくれたらありがたい

真珠の核を抱く貝を母貝と呼びます。
麻酔を打った様に貝の活性を弱め 核入れできる貝の状態にする事を仕立てと言います。
その貝の身にメスを入れて 核を挿入し真珠層形成の元になる細胞を核に密着させます。
すなわち核入れは手術で、貝の身はお母さんのお腹なのです。 
母貝からお母様の誕生する瞬間を見て お嬢様の第一声は「ママが産まれた」!」でした。
少し角のある真珠が出た時は「怒っているママだよ!」」との純粋な声でした。
自然の創り上げる真珠 ご注文をお受けするにあたり事前のお会いしてのご説明から始めます。
十分にご納得いただき 正式にお申込受付完了となります。
核入・浜揚(真珠取出)の立会いは別途選択となりますか、是非お立会いください。
核入れ立会い時には 核入師が手を添えてとなりますが、1珠だけ核入れを体験していただいております。
立会いがなければ ”いのりのしんじゅ” の価値を十分に感じていただけないと考えるからです。
風光明媚な志摩! 山からの恵 海からの恵も多く 「御食国」(みけつくに) と呼ばれております。
立会いだけでなく 志摩への旅や美味しい食事の想い出の全てが "いのりのしんじゅ" と考えております。
 

HOME

NEWS & TOPICS

2016.6.8

“いのりのしんじゅ” プレスリリース配信   詳しくはこちら

2016.7.5

中部日本放送 イッポウ “いのりのしんじゅ” 放映

2016.8.15

AERA “いのりのしんじゅ” 掲載  詳しくはこちら

2016.8.30

フジテレビ くらべるニュース “いのりのしんじゅ” 放映

2016.10.19

フジテレビ グッディ!  “いのりのしんじゅ” 放映   詳しくはこちら

2017.3.23

散骨・海洋葬ネット "いのりのしんじゅ" の取材記事掲載  詳しくはこちら

2017.8.23

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト “いのりのしんじゅ” 放映

2017.12.10

名古屋リビング新聞社 雑誌 介護と老後 “いのりのしんじゅ” 掲載

2018.2.1

ギャラリーメモリア イオン長久手4F 展示始めました。

2018.2.6

NHK ごごナマ オトナの遊び場 「オトナの。。事情・後悔しないお墓選び」"いのりのしんじゅ" 放映  詳しくはこちら

2018.4.15

AERA Mook 人生100年「もしも」に備えるお金と知恵  “いのりのしんじゅ” 掲載   詳しくはこちら

2018.8.16

東海テレビ ニュースOne "いのりのしんじゅ" 放映

2018.10.11

NHK 所さん!たいへんですよ 「お墓の悩み一挙解決スペシャル!」"いのりのしんじゅ" 放映

"いのりのしんじゅ" フェイスブックページ  詳しくはこちら
 
 

手元供養のための真珠 

ご遺骨を含んだセラミック核を形成し 養殖真珠の工程と同じく挿核手術(核入れ) 養生・沖出し・監理・浜揚げを経て セラミック核に真珠層を生成した養殖真珠です。 真珠のふるさと伊勢志摩の英虞湾よりアコヤ真珠をお届けします。
[特許出願済]  [商標登録認可済]

Pearls for keeping cremains close to you at home. Inori no shinju " Pearls for prayers Our Pearls for prayers are cultured in the same conditions as other ordinarily cultured pearls. We first make our pearl nuclei with cremains and ceramics, and insert them into our Akoya pearl oysters for culturing in the sea. After careful culturing , we can have a good peal harvest. We proudly present our Akoya Peals to you from Ago Bay, Ise- Shima: the hometown of the pearls.     Patent pending  Trade mark registered 

自然の神秘

遥か遠い昔 貝の中から虹色に輝く小さな珠がでてきたとき、人々は果てしない自然の神秘を感じました。
古代ローマの人々は、真珠を「月の雫」と呼びました。 古代中国では、中秋の名月の夜に水面に浮かび上がった貝が貝殻を開いて月光を受けると真珠が生まれると信じられていました。
人の手では決して作り出すことのできない、生命が生み出す唯一の宝石、それが真珠です。母貝に守られ少しずつ成長していく真珠は「守護」のパワーが満ちています。  
自然が生み出す美に包まれて貴方を見守ってくれるでしょう。


世界初! 大切な方が自然に抱かれながら真珠になって蘇る

"いのりのしんじゅ" はお骨をお預かりして 出来上がった真珠をお届けするだけの商品ではありません。
 5月〜7月の核入れ12月の浜揚げに立会いいただき 新たな命の始まりから誕生するまでの難しさ 大切な方の蘇った瞬間の感動までを感じていただく商品となります。
お骨と粘土を混ぜ合わせセラミック核を形成し真珠養殖と同じ工程で行いますので、外側は天然の真珠層に包まれた真珠です。
お骨を他の形に変えるダイアモンド等との違いは お渡しする真珠は1つではありません。
90珠核入れを行い出来上がった真珠は全てお渡しします。
出来上がった真珠をケースに収めて手元供養の形とするか 普段に身につけられる 指輪・ペンダント・イヤリング等にもする事も可能でございます。
 
 
 

ナチュラルカラーのアコヤブルー

生まれてくる真珠には ホワイト系 ビンク系 ゴールド系 ブルー系と色々な色が出てきますが、全ては貝任せとなります。
遺骨入りセラミック核からは ナチュラルグレー系のブルーの反射光を感じる珠の確率が高いです。
出来上がった真珠は 「漂白」「調色」等の加工無しの 生珠としてお届けします。
珠の大きさについては 7~9mmとなります。
 

真珠養殖の難しさ

一般的に核入れされた貝の約半数が真珠をつくりません。
20%がそれなりの真珠となり 綺麗な真珠となるものはわずかに5%ほどです。
核入れ後の養生期間で、1割~2割の貝が死んでしまうか核を吐き出してしまいます。
ご依頼1件につき 90個の貝を養殖しますので、お渡しできる真珠は3個~18珠程となります。
一般に販売されている真珠は加工された製品がほとんどですが、お渡しする真珠は生珠で、中には形が整っていない物やおうとつの有る物も含まれます。
装飾品の様な綺麗さを第一と考えるのでは無く大切な方を自然が包み込んだ形として受け止めていただきたいと考えます。
核入れ時期については 5~7月初旬 浜揚げについては12月の初旬から末となります。
核製作については 全て手作業となりますので、ご注文が核入れ時期に近い場合はお受け出来ない場合がございます。


HOME

環境・人々への配慮

セラミック核製作には お骨に含まれる有害物質の六価クロムを無害な三価クロムに還元しております。
一般に流通している六価クロム還元剤に含まれる お骨を劣化させる可能性のある硫酸第一鉄・亜硫酸ソーダを使用しておりません。
簡単・速攻・無害 を特徴とした 人・お骨・環境にもやさしい製品です。
海の環境 真珠に育ててくれる母貝にも配慮しております。

六価クロムは有害物質として規制されています。

環境基準値
◉環境基準法  0.05mg/L  ◉水質汚濁防止法  0.5mg/L

◉土壌汚染対策法 検液1Lにつき 0.05mg以下 ◉労働安全衛生法 クロムとして 0.05mg/m3
海洋散骨においては 還元されていないお骨を海に流した場合 環境基準法に触れる可能性があります。
洗骨においては 還元されていないお骨を洗い下水に直接流しただけでも水質汚濁防止法に触れる可能性があります。
陸上の散骨においては 還元されていないお骨を土にまいた場合 土壌汚染対策法に触れる可能性があります。
従業員に 還元を行っていない遺骨の粉骨作業を従事させた場合 労働安全衛生法に触れる可能性があります。

人には もともとクロムが体内に存在しています。

クロムは もともと人体の必要成分として体内にあり火葬により六価クロムの発生源となります。
その他に火葬炉の耐熱ステンレスや耐火煉瓦で使用されているクロム成分が高温の熱から冷める時に酸化し遺骨へと吸着します。
遺灰には 数倍から数百倍の環境基準を超える六価クロムが残留しております。
 

六価クロムの危険性

六価クロムは高発がん物質であり人体に入ると鼻中隔穿孔や 肺・咽喉・皮膚・胃への腫瘍の原因となり肝臓障害も引き起こす要因として知られています。
消化器官や肺・皮膚などからたやすく吸収されやすく水にも溶けやすく微粉末の付着は大変危険をともないます。
致死量 0.5g〜1g

HOME